Top > 口臭の原因

口臭の原因

口臭が起こる原因として、大きく分けて3つあります。
まずは生理的に起こる口臭で、誰にでも起こるものでほとんど気になるようなものではなく、一時的に臭いがきつくなったとしても自然に治まっていくものがほとんどです。

二つめには、病気が関係している口臭で、かかっている病気の種類によって発する臭いが違うという特徴があります。もし、病気が原因で口臭が起こっているとしたらそれぞれの病気に対応した病院で治療を受ける必要があります。口臭を起こす病気としては、口の中の病気(虫歯、歯周病、歯肉炎など)が圧倒的に多いようです。

その他、食べたものが原因となって起こる口臭もあり、ニラやにんにく、ねぎなどの香りの強い食べ物は食べ物由来の口臭の原因の代表的なものでしょう。また、アルコールやタバコ、コーヒーなどの嗜好品も口臭を起こします。食べ物に由来する口臭は、歯磨きをしても臭いがなかなか消えにくいという特徴があります。

その理由としては、体内に取り込まれた臭いの元が、胃で消化されたあとに血液や肺からの呼気として吐き出されることが原因だと言われています。

いろいろな原因で起こる口臭ですが、歯磨きをして口腔内を清潔に保つことによって、防ぐことのできる口臭もあるのでいつもお口の中はきれいにしておきましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
口臭の原因(2009年7月22日)
間違った口臭の常識(2009年7月22日)
口臭を防ぐ食べ物(2009年7月22日)
口臭対策グッズ(2009年7月22日)