Top > 間違った口臭の常識

間違った口臭の常識

昔から「胃が悪いと口臭が起こる」と言われているので、自分は胃が悪いから口臭があると思っている人も多く入るのではないでしょうか。しかし、その認識は間違っています。胃が荒れているということで口臭は起こらないようです。胃と食道の境目の噴門部は食物が通る時以外は括約筋の働きによって閉まっているので、胃の中の空気が会話をすることによって外に出ることはありません。げっぷをした時などは胃の中の空気が外に出ることがありますが、それは口臭とは違います。

胃炎や胃潰瘍があるからといって口臭が発生することはほとんどないといっていいようです。胃や消化器官が原因で口臭が起こるのは、胃がんや食道がん、食道狭窄などがある場合が多いようです。

その他、胃や消化器が直接的な口臭の原因にはなりませんが、胃や消化器官の機能が低下することによって唾液の分泌が少なくなってしまうと、間接的に口臭を起こす原因となることがあります。

胃の病気が口臭の原因になることは少なく、口臭の原因のNO1はやはり、口の中のトラブルで、次に原因となっているのが蓄膿や慢性鼻炎などの鼻の病気です。
口臭が気になる時にはまず、歯医者や耳鼻科に相談するのがいいようです。

 

 アユタヤ  メタボリック症候群  メガネクリーナー  携帯電話の大掃除
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
口臭の原因(2009年7月22日)
間違った口臭の常識(2009年7月22日)
口臭を防ぐ食べ物(2009年7月22日)
口臭対策グッズ(2009年7月22日)